遺言ライフコンサルタント竹本美恵子

遺言書作成に必要な書類 | ハッピーエンドな人生のために、遺言の必要性をお伝えします。


テーマ:

公正証書遺言を作るためには、様々な書類が必要です。ウェルフェア行政書士事務所では、皆様に代わって各種書類の収集を行います。

1 遺言に記す内容の希望を書いた遺言書の原案

誰にどの財産をあげたいかを決めることが大切です。
ウェルフェア行政書士事務所では、遺言者様とのお話合いをしっかりと行い、遺言の内容を作っていきます。

2 遺言者の印鑑証明書

住民登録をしている市区町村役場で交付を受けます。印鑑証明書についてのみ、遺言者様ご本人にご用意いただきます。

3 遺言者と相続人の続柄がわかる戸籍謄本

本籍地の市区町村役場で交付を受けます。

4 相続人以外の人に財産をあげる場合には、その人の住民票

住民登録をしている市区町村役場で交付を受けます。

5  登記事項証明書(登記簿謄本)

法務局(登記所)で交付を受けます。

6 固定資産税評価証明書または固定資産税・都市計画税通知書の中の課税明細書

東京都の場合には、都税事務所で交付を受けます。それ以外の地域では、市区町村役場で交付を受けます。

7 預貯金のある金融機関名、支店名、預貯金額を書いたメモ

8 相続させる現金の総額を書いたメモ

9 証人となる人の住所・氏名・生年月日・職業を書いたメモ

公正証書遺言を作るためには、証人が2名必要です。
証人になってもらう人がいない場合には、公証役場で証人を紹介してもらうことができます。ウェルフェア行政書士事務所にご依頼いただいた場合には、弊事務所の行政書士が証人に一人として立ち会います。

10 遺言者の実印、証人の認印

公正証書遺言作成の当日には、押印が必要となります。
遺言者は実印を、証人は認印を忘れないようにしてください。
(インク浸透型の印鑑は避けてください)

ウェルフェア行政書士事務所  東京都港区赤坂9-1-7-902

Copyright © 遺言ライフコンサルタント竹本美恵子 All Rights Reserved.