遺言ライフコンサルタント竹本美恵子

遺言書作成の流れ | ハッピーエンドな人生のために、遺言の必要性をお伝えします。


テーマ:

ウェルフェア行政書士事務所では、皆様が納得して遺言を作ることができるように、以下の流れでお手伝いしています。

1 打ち合わせ
遺言を作成される方とお会いして、現状やご希望をうかがいます。
「遺言を通して何を実現したいか」を明確にしていきます。
2 推定相続人の確認
遺言書を作る第一歩は、自分の相続人が誰になるかを知ることから始まります。
遺言書作成時点における推定相続人を確認します。
戸籍謄本や除籍謄本などの収集を、弊事務所が代行いたします。
3 相続財産の確認
遺言書作成時点における、財産を確認します。
登記簿謄本、固定資産税評価証明書などを収集して、財産の詳細を調べます。
また、預貯金や株式などの財産を書き出していただきます。
4 遺言の原案作成・調整
遺言者様のご希望にそった遺言書の原案を作成いたします。
また、その内容を遺言者様にご確認いただき、調整を行います。
5 遺言書作成の手続きへ
自筆証書遺言をご希望の場合は、遺言の原案を遺言者様にお渡しし、自筆にて遺言書を作成していただきます。

公正証書遺言をご希望の場合には、ウェルフェア行政書士事務所が遺言者様に代わって、公証役場との交渉や日程調整を行います。病院や老人ホームなどでの公正証書遺言の作成も可能です。公証人に出張を依頼します。

6 遺言書の完成
遺言書の作成当日は、公証役場に遺言者様と同行させていただきます。公証役場では、作成した遺言を公証人が読み上げて、遺言者様が内容を確認する形で、遺言書作成が進められます。遺言者様が内容を確認して、署名押印をします。

公正証書遺言作成には、証人が2名必要です。証人を頼める人がいない場合には、当事務所で証人をご紹介いたします。

ウェルフェア行政書士事務所  東京都港区赤坂9-1-7-902

Copyright © 遺言ライフコンサルタント竹本美恵子 All Rights Reserved.