遺言ライフコンサルタント竹本美恵子

遺言に書けること | ハッピーエンドな人生のために、遺言の必要性をお伝えします。


テーマ:

遺言には、色々なことを書くことができます。
しかし、そのすべてに法的な効力が生じるわけではありません。

例えば「家族仲良く暮らすこと」「自分の葬儀を盛大に行って欲しい」と遺言に書いたとしても、法的な効力はないため、家族は遺言の内容を行わなくても構いません。

遺言事項~遺言に書くと法的な効力をもつ事項~

遺言事項としては、
1 相続に関する事柄
2 相続以外の財産処分
3 身分に関する事柄
4 遺言の執行に関する事柄
が挙げられます。

「相続に関する事項」とは、遺産に分割に関わる遺言者の意思のことです。
例えば「長男に全財産の二分の一、次男に全財産の二分の一を相続させる」というように、相続分の指定をすることが出来ます。

「相続以外の財産処分」とは自分の財産をどのように処分するかに関する事項です。
例えば、相続人以外の人に、財産を贈与させる場合などが挙げられます。
また、遺言で寄付をすることも可能です。

「身分に関する事項」とは、子どもの認知などが含まれます。
遺言者の子どもが未成年で、遺言者が最後に親権を行う方の場合には、
遺言者が信頼している人を未成年後見人に指定することが出来ます。

「遺言執行に関する事項」では、遺言を書く人が、相続発生後に遺言の内容を実行するために働く「遺言執行者」を定めることが出来ます。遺言を書いたとしても、それを実現できなくては、意味がありません。そのためにも、遺言執行者を指定することをお勧めします。

家族にメッセージを残す方法はありますか?

遺言書に、家族やお世話になった方への気持ち書きたいという方も多いと思います。

遺言者の想いや希望を伝えるためには、遺言書の最後に「付言事項」として、メッセージを書き加える事が出来ます。この付言事項に法的な効力はありませんが、遺言者の意思を伝えることには、大きな意義があります。

自分がどのような思いで遺言を書いたのか、なぜこのような財産の配分にしたのかなどについて、書き添えることが出来ます。遺言者のメッセージがあることで、相続時にご家族が納得して相続手続きを進める手助けになります。

遺言書を作る際には、付言事項も大切にして、内容を検討していきます。

ウェルフェア行政書士事務所  東京都港区赤坂9-1-7-902

Copyright © 遺言ライフコンサルタント竹本美恵子 All Rights Reserved.