遺言ライフコンサルタント竹本美恵子

尊厳死宣言書の保管 | ハッピーエンドな人生のために、遺言の必要性をお伝えします。


テーマ:

尊厳死宣言書はどう保管したらいいの?

尊厳死宣言書を作ってから重要なのが「リビング・ウィル」をどう保管するかです。自分が倒れてしまって、尊厳死宣言書の提示が必要になったとき、医師に宣言書を渡すことが出来なければ、意思実現はできません。

尊厳死宣言公正証書は、いざというときに、自分の身近にいて医師への宣言書を提示してくれる人の存在が大切です。ご家族がいらっしゃる方でしたら、自分が尊厳死を望んでいることを理解して、協力してくれる人に、宣言書を預けることが効果的と思われます。または、リビング・ウィルの保管場所を、信頼できる人に伝えておくことが必要です。

では、ご家族のいない方はどうすればいいのでしょう?

おひとりで生活されている場合でも。入院時や治療開始に、自分の意識がはっきりしていれば、医師に宣言書を手渡し、宣言書の内容の実現を依頼することが出来ます。また、家族以外で、自分が倒れた際に、そばにいて医師にリビング・ウィルを渡してくれる人にお願いすることも可能です。例えば、任意後見を頼んだ方に、尊厳死宣言書の保管を頼むなども考えられます。

大切なのは、尊厳死宣言書の内容を守って実行してくれる人に託すことです。

ウェルフェア行政書士事務所では、ご希望の方に患者さんサポートサービスをご紹介しております。株式会社アドボケアは、ウェルフェア行政書士事務所と一体となって、患者さんのサポートを行っています。病気になったときに病院へ同伴したり、入院中の方の病室へ訪問するなどのサービスを行っています。

株式会社アドボケア ホームページ   http://www.advocare.co.jp

尊厳死宣言書を作ったけれど、それを託せる人がいなくて困っている方は、是非一度ご相談ください。

ウェルフェア行政書士事務所  東京都港区赤坂9-1-7-902

Copyright © 遺言ライフコンサルタント竹本美恵子 All Rights Reserved.