遺言ライフコンサルタント竹本美恵子

08 7月 2015 | ハッピーエンドな人生のために、遺言の必要性をお伝えします。


テーマ:ブログ

おはようございます。今日は、遺言に関わるニュースをお伝えします。

 

「遺言控除」の新設に向けて、政府が動き出していることがわかりました。

 

遺言控除とは、相続税等を計算する際に、相続財産の中から一定の額を差し引くこと(控除)ができるというものです。遺言控除が新設された場合、控除できる額が増えることによって、税負担が少なくなります。

 

現在、政府・与党は「有効な遺言による相続であることを条件に」一定額を相続税の基礎控除額に上乗せして控除する「遺言控除」を新設する検討に入っています。

 

遺言の必要性を感じながら、作成にかかる費用や手間を考え取り組んでいないという方も多いなか、税制改正によって、遺言の普及を図ろうとしているのです。

 

遺言控除の新設によって、遺言の普及を促し、遺産相続をめぐるトラブルを抑えて、若い世帯へのスムーズな資産移転を図ることが狙いになっています。

 

遺言控除は、早ければ2017年度税制改正での実施を目指すとされています。

 

注目すべきは、「有効な遺言による相続であることを条件に」という部分です。

もし遺言を書いていても、それが法的に問題があったり、無効であった場合には、遺言控除の適用にはならないので注意が必要です。

 

この税制改正が実施されると、遺言を作成することのメリットが高まると言えます。

 

もちろん、遺言控除の無い現状でも

「遺言者本人の意思が伝えられる」

「家族へメッセージを遺せる」

「遺産に関する争いの元を減らすことができる」などなど、

遺言が私たちにもたらすメリットはたくさんありますが、遺言控除によって「節税できる」という要素が加わることで、より遺言の必要性は高まるはずです。

 

遺言控除の新設の今後の動き、要注目ですね。

 

自分に必要と思ったら、早めに遺言作成をする。

税制改正の動きも気になるところですが、考えている時間、待っている時間に自分が死に直面する可能性もあるということも、あわせてお伝えしたいです。

ウェルフェア行政書士事務所  東京都港区赤坂9-1-7-902

Copyright © 遺言ライフコンサルタント竹本美恵子 All Rights Reserved.